Hello this is Junichi Kubota オーディオ、旅、飯テロの雑記ブログ

ChiChiBlog

【はじめてのパタヤ】お店探しに疲れたら、お粥やタイカレーのレストラン(タイ旅行)

更新日:

「パタヤの海岸通り近くでごはんが食べたい。」
「やっぱりタイにいるときには一日一回は麺かお粥。」
「夜飲んだ後は、さっぱりとした美味しいもので体の調子を整えたい」

パタヤ市街地北部には、10件くらいの屋台がある市場(マーケット)と海岸通り数件のレストランがありタイ、洋風、中華まであります。

屋台は、メニューが豊富なお店が数件あり、お粥のお店はみつけられませんでした。市場の入り口にフルーツを売っているお店があるので、マンゴーやトロピカルフルーツも一緒にこの中で食べることができます。

短いパタヤの滞在でしたが、滞在で記憶に残ったおいしいレストランをブログに残します。

Million Restaurant & Bar(ミリオンレストラン&バー)

朝はやっぱりお粥が恋しいので、海沿いのレストランに2日連続で行きました。料理はもちろんおいしいく、不思議とお店の居心地もよかったです。朝しか行かなかったのですが、夜(ディナータイム)は賑やかなバーに変わります。
Million Restaurant & Barで朝ご飯を食べていると托鉢のお坊さんがやってきて、タイらしい我々には珍しい光景を見なが海風にあたりのんびりとパタヤの朝を楽しみました。

お値段は、マーケットの倍くらいで、お粥とフルーツジュースで200バーツ強だったと思います。

(訪問時期:2020年1月初旬)

Mae Wilai Market Until Dawn(マエウイライマーケット)

お昼に最適な感じのマーケット。マーケットとなっていますが店内は屋台になっていてお昼だと5,6件のお店が開いています。タイで定番な、麺類や魚料理などいろいろあります。
入口のフルーツショップで買って、切ってもらってデザートにするのもいいと思います。

フルーツを専門に販売されているお店が側にあります。Googleに載っていないくらいの規模ですが、お母さんが愛想よくしてくれて何回もマンゴーを買って切ってもらってホテルや海で食べました。ニコニコされている方って得ですね。

(訪問時期:2020年1月初旬)

Aroy Dee Pattaya(アロイディパタヤ)

晩御飯に入ったレストラン。通りにはたくさんのシーフード系のお店がありますが思い出に残るレベルのところには当たりませんでした。予算が足りなかっただけかもしれないです(笑)。

アロイディパタヤは、Googleでの評価も高くてお店もかなり賑やかでした。たくさんのメニューがありグループでいっても、それぞれ好きなものが食べられます。味はパタヤで食べた中では上位に入りました。

このときはイエローカレーを頂きました。記憶では、カレー、ライス、ジュースで300バーツくらいだと思います。お手頃ですね。

メニューは写真付きで、わたしのようにタイ語が駄目で英語が今ひとつでも楽しく料理を堪能できます。

(訪問時期:2020年1月初旬)

他にもおいしそうな所がありましたが、おなかの都合で今回は印象的なお店は3件でした。タイはどこの地区でも大外れがないのがうれしい。食いぱっぐれはないです。

-
-, , ,

Copyright© ChiChiBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.