Hello this is Junichi Kubota オーディオ、旅、飯テロの雑記ブログ

ChiChiBlog

オーディオ

【自作真空管アンプ】KT88トライオードコネクション

投稿日:

このブログは日記か備忘録かという記事です。

SNS仲間から、KT88のGECと現行管とでの音の違いを聞かれました。かれはJJを使ったことがあるらしいのですが、飽きてきてしまい他の球をさがしています。

JJは、ハイファイな音がしているけどビーム管臭さが取れたアンプを聞いてみたいそうです。

ぼくは、

KT88はロシア製とくたびれたGEC製はもっているけど、まだ鳴らしていないな・・・。自作のアンプでは

昨日の書いた記事で、6L6GBの定数をうまくすればKT88も差し替えられるのではないかと想像しています。

自己バイアス回路ですので、定格をオーバーしなければ音はとりあえずでます。もちろん決められたところに配線をつないだらです。

6L6GBとKT88の動作の想定をメモとして次に残します。

動作点

6L6GBの想定動作

  • プレート電圧=250V
  • プレート電流=約30mA
  • 自己バイアス(バイアス抵抗)=20V(590Ω)
  • 最大出力=1.2W

KT88の想定動作

  • プレート電圧=250V
  • プレート電流=約50mA
  • 自己バイアス(バイアス抵抗)=30V(590Ω)
  • 最大出力=3W?

回路図

前回のブログで紹介しましたが回路はこんな感じの簡単回路です。
トランス結合でパワー管のドライブも楽々です。

明日は、早起きして組み立てと動画撮影なので短めです。最後までご覧いただきありがとうございます。

Youtube

ぼくは、Youtubeでもオーディオ情報を発信しています。日記的な動画や、真空管の解説動画をアップロードしています。

-オーディオ
-,

Copyright© ChiChiBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.