Hello this is Junichi Kubota オーディオ、旅、飯テロの雑記ブログ

ChiChiBlog

【タイ】クレット島のんびり巡り(一人旅)

更新日:

クレット島はバンコク市街地から30分程度でいける観光スポットです。2020年1月の旅行で訪れてきました。

船に乗って島の周りをまわったり、たくさんの手作りのお菓子が売っていたりするところです。

バンコクで半日程度時間がある時に訪れるにはちょうど良いスポットです。

【JTB】タイの現地オプショナルツアーを探す

クレット島への行き方

クレット島には、陸から橋がかかっていないので、訪れるには船に乗ります。

船はいろいろな桟橋から出ていて、今回はワット サナームヌア桟橋から船に乗りました。

乗船時間はほんとに5分くらいであっという間で、金額も5バーツとかだったと思います。

料金は降りてから支払いで、事前の切符購入はありません。並んで来た船に乗るだけです。

お寺の中にある桟橋へのゲート

クレット島までの船は、40人くらいがのれる小型の船。川は穏やかなので揺れたりはしないで気持ちいいです。

島への船
船からの写真、いい天気でした。

クレット島のマーケット

クレット島は素焼きの焼き物やお菓子をいろいろ作っているところです。

マーケットも関連する商品がたくさんならなんでいます。パラソルで日陰になっているので涼しい中を散歩して楽しめます。

豚肉のつみれを上げたミートボール的なものと、ゼリーの様なお菓子を買って食べてみました。

ミートボール?辛口のソースをつけて食べます。
素焼きの焼き物、茶器かな。

たくさんのお店があり、異文化で見ていて飽きない所でした。

クレット島巡りクルーズ

クルーズと書くと、セレブな感じですがクレット島まで乗ってきたのと同じタイプの船で島をぐるっと回ります。

特別なところはありませんが、特別感がないところがのんびりできて楽しいです。

1時間以上ありますが途中でいくつかのスポットで休憩をします。いろいろなお菓子を作っているところにとまるのでお菓子を買って島をのんびり眺めて過ごします。

島クルーズの地図
船からの眺め
途中でみた屋台

クレット島へ行った感想

クレット島は、バンコク中心地のような賑やかな感じでありません。

クレット島巡りは、わたしの好きなのんびりとしたタイの一頁になりました。のんびりとした時間を楽しみたい方には面白いスポットだと思います。

-

Copyright© ChiChiBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.